文字サイズ

〈とことこお店めぐり〉新潟の酒と米 まいどや 「わくわくするお店」目指し

同店が企画したオリジナル商品を販売している
上越市春日新田1にある店舗

 県内産の清酒をはじめワインやリキュール、コメやおつまみ、酒器などを幅広く取り扱う酒販店。社長の杉田彰さん(64)は「わくわくするお店でありたい」と話す。

 昭和44年、魚の行商をしていた先代が酒類販売業免許を取得し開業。後に息子の杉田さんが経営を引き継ぎ、法人化や店舗のリニューアル、大規模な冷蔵設備を備えた倉庫の増設などを経て現在に至る。

 お酒を「呑(の)む」だけでなく、蔵元の思い、造酒の過程など、背景にある「物語」を含めて楽しんでもらいたいと考える杉田さん。県酒造組合が認定する新潟清酒達人検定の最上位「金の達人」を取得し、同店を訪れる人へ細やかに情報提供している。

 地域振興にも力を入れ、地元農家や蔵元と連携した商品を企画・販売。大潟区のイチジク、柿崎区のイチゴを用いたオリジナルリキュール、国産赤ワインだるで柿崎区の「頚城酒造」の清酒を貯蔵した「シダーフィールド(杉田の意)」など、他では手に入らない逸品を取りそろえている。

 県内4農家が生産したこだわりのコメも販売。店内で精米できる。他にも不定期にイベントを行うなど、同店に関わる人全てに「わくわく」を届けている。



・上越市春日新田1―13―16

・月~土は午前9時から午後7時まで、日祝は午前10時から午後4時まで

・不定休

・駐車場は10台

・電025・543・6727



ホームページはhttps://www.maidoyasaketen.com/

上越市春日新田1にある店舗

社会・くらしの関連ニュース

観光・お出かけの関連ニュース

特集・連載の関連ニュース