文字サイズ

観蓮会を盛り上げ 関連する催しも花盛り 上越市高田本町商店街  

当日はハスの茎をストローにして、シャボン玉遊びが体験できる

◇ハスの葉遊びクイズラリーも

 上越市本町4のイレブンプラザで30日、高田城址公園観蓮会に合わせた各種イベントが開かれる。ハスの葉を使った遊びや、商店街の絵看板を巡るクイズラリーが楽しめる。高田本町百年商店街実行委員会(宮越紀祢子代表)、お馬出しプロジェクト若駒隊が主催。

 商店街を巡る「クイズ!絵看板探し」は午前10時から午後4時まで。クイズに答えると景品がもらえる。

 ハスの葉をお面や傘にして遊んだり、茎をストローにして飲み物を飲む「象鼻杯(ぞうびはい)」やシャボン玉飛ばしを体験したりする「ハスの葉で遊ぼう」は午前11時から正午まで。

 ハスの葉遊びは初の試みで、21日に予行演習が行われた。イベントでは市内のレンコン農家が栽培している葉を使用。葉は直径70センチ以上のものもあり、存在感も十分。宮越さん(78)は「大人も子どももハスに触れて遊び、楽しんでほしい」と話している。いずれも参加無料。

 また商店街の10店がお勧め商品をアピールする「夏の本町イチオシ発表会」は午前10時から同11時まで。無料チケットが当たる大じゃんけん大会がある。

 問い合わせは宮越さん(電025・525・2501)へ。

◇高田の「町家」22日から公開 越後高田町家三昧

 上越市は高田城址公園観蓮会に合わせ、同市高田地区の町屋を公開、解説する「越後高田町家三昧」を行う。22日から8月13日までの土、日、祝日の午前10時から午後4時まで、同市が所有する旧金津憲太郎桶店(同市仲町4)を公開する。

 また30日と8月6日の午前11時から午後4時まで、同市本町6の高田小町で地元ガイドが高田の雁木・町家についての解説を行う。ほかにも不定期で公開される民間所有の町家もある。詳細は同市の「越後高田町家三昧ホームページ」参照。