文字サイズ

「いいだていかふぇ」再開 大島区菖蒲古民家「飯田邸」で

 大島区菖蒲の国登録有形文化財「飯田邸」を利用した古民家カフェ「いいだていかふぇ」がこのほど、営業を再開した。営業は毎週土日曜の午前11時から午後2時まで。

 新型コロナの影響で長らく休止していた。地元産そば粉で打った深山そば、クレープ生地にそば粉を使ったガレット、季節の野菜を付け合わせた冷製そばのほか、県の名水「観音清水」で入れたコーヒーなどを提供する。

 カフェを運営する菖蒲生産組合は「江戸時代に建てられた歴史ある建物と、庭の景色を楽しんで」とアピールしている。

 国道253号の大平交差点から、菖蒲高原方面へ車で約15分。問い合わせは同組合(電025・594・7888)へ。