文字サイズ

〈とことこお店めぐり〉かなざわ総本舗稲田本店 和菓子店が本気のかき氷

ほうじ茶みるく
風格を感じさせる店構え。さりげなく「氷」ののぼりが揺れる

 「出陣餅」で知られるかなざわ総本舗の稲田本店には喫茶室があり、お茶や和を基調にしたスイーツを楽しむことができる。この時季お薦めは、老舗の和菓子店が本気で取り組む「かき氷」だ。

 今年、長岡市のメーカーから最新式のかき氷機を導入。氷は削られると羽毛のようにふわふわと舞い、器に収まる。口溶けが良く最後まで飽きさせない。職人が和菓子に用いる素材を使ってシロップを作り、それを上から見栄え良くかけていく。

 メニューは国産黒糖のシロップ、厳選したヨモギのソース、きな粉と銘菓「出陣餅」の材料を使った「出陣氷」(出陣餅入り)、自家製のいちごシロップをかけた「いちご」、ほうじ茶とミルクをたっぷり含んだ氷に渋皮栗の甘露煮をあしらった「ほうじ茶みるく」など7種類。価格は770円(税込み)または880円(同)。混雑時でも待たずに楽しんでもらえるよう、テイクアウト販売も予定している(軽減税率対象)。飲み物はコーヒー、紅茶のほか抹茶(上生菓子付き)など。

 上越市内のジェラート工房「ソンニャーレ」と共同開発した「出陣ジェラート」は、出陣餅と同じヨモギを使用。ミルクの風味とヨモギの爽やかな香りをきな粉がまとめ、他のジェラートでは得られない味が楽しめる。

・上越市稲田4―11―5

・午前10時から午後5時(ラストオーダーは同4時)まで。ショップは午前9時30分から午後5時30分まで

・不定休(月1、2回程度、水曜日に休みあり)

・駐車場あり

風格を感じさせる店構え。さりげなく「氷」ののぼりが揺れる

社会・くらしの関連ニュース

観光・お出かけの関連ニュース

特集・連載の関連ニュース