文字サイズ

津南町の魅力を上越に プロレスとコンサート 交流促進に一役 デュオ・セレッソ

イベントのPRに桑原町長(左)を表敬訪問した古淵副社長(提供写真)

 上越市西城町3のデュオ・セレッソで、8月5日に津南町出身の女子プロレスラー、中島翔子さんの凱旋(がいせん)興行が、また26日に同町ゆかりの演歌歌手、中澤卓也さんのコンサートが開かれる。公演はデュオ・セレッソを運営する平安セレモニーの古淵英一副社長(57)が同町在住という縁で実現。古淵副社長は「津南と上越の橋渡し役となれれば」と意気込む。

 5日は中島さんが所属する東京女子プロレスが興行を行う。午後1時開演。ゲストにアジャ・コングさん、SKE48の荒井優希さんらが出場する。

 26日は両親が津南町出身で、同町のふるさと大使を務める中澤卓也さんのコンサート。午後1時と同4時開演の2部制で、「津南ひまわり畑からのプレゼント」と題して歌声を披露する。お土産に津南産食材を使った「中澤卓也弁当」と、同町特産のスイートコーン、トマトジュースが付く。チケットはA席(8000円)のみ若干数あり。

 公演は県の消費喚起・需要拡大プロジェクトの採択を受けて実施。また津南町観光協会やJA津南町による物産直売会もある。

 古淵副社長は先月、津南町の桑原悠町長(36)を表敬訪問。桑原町長は「津南町自慢の特産の数々を楽しんでいただきたい」とアピールした。古淵副社長は「これを機に両市町の交流が深まるといい」と願った。

 チケットは「ぴあ」などで販売中。問い合わせはデュオ・セレッソ(電0120・26・4000、火曜定休)へ。