文字サイズ

市長失言「説明受けたい」 石田議長が意向示す 上越市議会各派代表者会議

 上越市の中川幹太市長が5日、新潟経済同友会との意見交換会で、同市内の高校の実名を挙げ「県内ではレベルが下の方にある」と失言したことについて、市議会の石田裕一議長は18日開かれた各派代表者会議で、市から説明を受けたいとの意向を示した。今回の件は同日までに、市議会に報告されていない。

 橋爪法一氏(共産)が「自然な収束を待つべきではない」として議題に取り上げた。

 多くの会派の代表が、中川市長の失言や不規則発言は今回に限らないとし、市議会一般質問での追及や市民の審判に委ねるべきだとした。石田議長は「市長の発言は重い」として、市側から説明を求める方針。