文字サイズ

妙高市議選 新市議顔触れ決まる 新人の島田氏トップ

トップ当選を果たした新人の島田竜史氏(中央)。「人生を懸けて、より良い妙高市に向け全力で取り組みます」と誓った(16日午後10時10分ごろ、妙高市朝日町1のさん来夢あらい2階)

 任期満了に伴う妙高市議会議員選挙は16日、投開票が行われ、新市議16人の顔触れが決定した。現職9人、元職1人、新人6人が当選を果たし、現職と新人の2人が涙をのんだ。

 最高得票は、無所属で新人の島田竜史氏(30)。初陣・最年少でトップ当選を飾った。元職で諸派の宮澤一照氏(57)が続いた。

 本選挙には、前回より2減の定数16に対し現職10人、元職1人、新人7人の計18人が立候補。告示日から7日間の選挙戦で人口減少への対応、新たな地域づくりの展望など、各自が政策を訴えてきた。

 選挙当日有権者数は、2万5751人(男1万2477人、女1万3274人)。投票者数は1万5673人(男7557人、女8116人)。投票率は60・86%で、参議院選挙と同日に行われた前回を7・29ポイント下回った。