文字サイズ

観蓮会が開幕 イベント復活 「東洋一」のハス見頃へ 上越市高田城址公園

南堀でハスの花を眺める

 第44回高田城址公園観蓮会が15日、上越市本城町の同公園で開幕した。同公園を中心に本町商店街などでさまざまな関連イベントを実施。〝東洋一〟と称されるハスはこれから見頃を迎える。

 会場の西堀橋東側たもとと南堀お休み処隣では週末を中心に午前中、観光ボランティアガイドが案内を行っている。初日時点で西堀橋周辺は開花が少なくハスが生えていない場所も見られるため、ガイドは比較的開花が多い南堀での見学を勧めていた。

 イベントはコロナ禍前の状況に戻し、西堀橋付近には週末を中心にキッチンカーが不定期で開店。8月5日はエコ・グリーンによるハスウオッチングと「はちす花」体験が行われ、上越観光Naviのホームページでは観蓮会フォトコンテストの写真を募集している。

 本町商店街では30日にイレブンプラザなどで「夏の本町〝イチオシ〟めぐり」や絵看板クイズ、8月1日から15日まで「お水鉢展示」が行われ、高田おもてなしクーポン付きのマップを配布、会場と商店街を巡るモデルコースも周知して観蓮会の来訪者に周遊を呼びかけている。