文字サイズ

癒やし ピアノで演出 音大出身スタッフが演奏 小滝地区ヒーリングガーデンたかなみ

音大出身のスタッフによる生演奏をBGMに、癒やしのひとときを提供する趣向だ(13日)
プレオープンの様子(13日)

 糸魚川市小滝地区の高浪の池「ヒーリングガーデンたかなみ」は15日から、同市の旧根知小体育館に眠っていたアップライトピアノを活用したカフェタイムをスタートする。音大出身のスタッフが演奏し、癒やしのひとときを提供する。

 同所の恵まれた自然を眺めながら、ピアノの生演奏をBGMにゆったりと過ごしてもらう趣向。カフェタイムの場所は同所内のレストハウス「森の中のお食事処」、時間は土日祝日の午後2時から同3時までで、特製の日替わりスイーツ(単品500円、ドリンクセットで700円)を用意する。

 13日はピアノを所有する市の関係者を招いてプレオープン。ジブリ映画でなじみ深い名曲が響き渡る中で、和やかなひとときが流れ、井川賢一副市長は「ピアノの音色と、スイーツに癒やされた。多くの方から、この雰囲気を味わってほしい」と感想を話した。

 同所を管理運営するたかなみの伊藤大貴社長は、「初めての取り組み。景色で、音で、食べ物で、『ヒーリングガーデンたかなみ』の名の通りに癒やしの時間を提供できれば」と抱負を語った。

プレオープンの様子(13日)