文字サイズ

県内各地大雨 糸魚川市で市道のり面崩壊

 県内各地は1日、梅雨前線の影響で大雨となった。同日午前には上越市に土砂災害警戒情報、糸魚川市に大雨警報(土砂災害)が出された。同日午後5時時点で、糸魚川市能生で市道のり面が崩壊したが、被害は軽微。上越市では被害情報はないという。

 新潟地方気象台によると、アメダスによる観測で、1日午後4時時点の降り始め(6月27日午後10時)からの雨量は糸魚川市能生で149・5ミリ、同日の72時間雨量(最大値)は同市平岩で112・5ミリ、同市糸魚川で99・0ミリ、上越市高田で91・5ミリ、同市安塚で86・0ミリなど。

 同日発表された県内の週間天気予報では、2日から4日にかけて晴れや曇りとなる見込み。雨の多かった地域では土砂災害などに注意が必要という。