文字サイズ

登山者の安全願う 妙高山系山開き前に関係者ら祈願祭 妙高市

今シーズンの山の安全を願う妙高ツーリズムマネジメントの引場会長

 妙高山系の山開き(1日)に先立ち今シーズンの登山者や登山道の安全を願う「安全祈願祭」が6月30日、妙高市関山の関山神社で行われた。

 妙高山系は妙高山(2454メートル)、火打山(2462メートル)などで構成。夏の高山植物や秋の紅葉、山登りとともに温泉での癒やしを求めて毎年多くの登山客が訪れる。祈願祭には妙高ツーリズムマネジメントの引場良男会長、城戸陽二市長のほか、警察と消防、地元消防団、温泉街の代表者らが出席し、今シーズンの遭難者・けが人ゼロと観光振興を願った。

 1日は山の安全を祈願し、登山隊が妙高山頂にお神酒を奉納する予定。引場会長は「無事に役目を果たすよう願っている。遭難者・けが人ゼロを目指すが、万一の際は関係機関の出動をお願いしたい」と述べた。

 妙高市は環境保全の原資とすることを目的に、登山者に入域料(1人500円)の協力を呼びかけている。