文字サイズ

60代女性98万円還付金詐欺被害 上越署

 上越署は28日までに、上越市在住の60代女性が現金約98万円をだまし取られる(還付金詐欺)被害を認知、捜査中と発表した。

 同署によると、27日午後2時30分ごろ、女性宅に上越市役所職員と金融機関職員を名乗る男から電話があり、「医療費控除の返金がある」「ATMで返金の手続きができる。電話で指示を受けてください」などと言われた。

 翌28日午前10時30分ごろ、女性が同市内の大型商業施設のATMで、男から携帯電話で指示を受けながらキャッシュカードを入れて操作したところ、現金約98万円を他人名義の口座に振り込み、だまし取られた。直後に怪しんだ女性が110番通報し、詐欺被害に気付いたという。

 同署によると今年、管内で発生したATMを操作させる還付金詐欺は4件目、被害額は約360万円。「ATMで還付金が戻るという話は詐欺だと思ってほしい。女性は使用している金融機関を告げたのに、わざわざATMを指定された点も怪しんでほしい」と注意を呼びかけている。