文字サイズ

オーケストラ・アンサンブル金沢 名曲、情感たっぷり 糸魚川公演で観客うっとり

 オーケストラ・アンサンブル金沢による糸魚川公演「名曲ファミリーコンサート~新進気鋭アーティストの競演~」が25日、糸魚川市一の宮1の市民会館で開かれた。

 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団・公益社団法人全国公立文化施設協会主催、糸魚川市共催。

 チャイコフスキー「弦楽のためのセレナード ハ長調 Op.48」を皮切りに、ラヴェルの「ピアノ協奏曲ト長調」、モーツァルトの「交響曲第40番ト短調K.550」と続くプログラム。指揮は喜古恵理香さん、ピアノは篠永紗也子さんが担当した。

 喜古さんは冒頭、演奏曲目を紹介しながら「糸魚川は初めて」「絶対に良い公演にしたい」などと意気込み。奏者たちは名曲の数々を情感たっぷりに響かせ、観客はうっとりと聞き入っていた。