文字サイズ

涼やか花鉢並ぶ 25日まで初夏の山野草展 奴奈川山野草会

初夏を彩るさまざまな種類の山野草が並ぶ(ヒスイ王国館)

 糸魚川市の奴奈川山野草会(金子隆会長、会員35人)は25日まで、同市大町1のヒスイ王国館で「初夏の山野草展」を開いている。時間は午前9時から午後4時まで。入場無料。

 毎年会員が育てているさまざまな種類の山野草を持ち寄って開く恒例の展示会。今年はコロナ禍後の再開となり、久しぶりに初夏の季節に、開花し見頃を迎えた花鉢がそろった。

 展示はウチョウランやアジサイ、ユリ、アヤメなど種類豊富に300~350点。白や紫、ピンクなど涼しげな彩りの花や葉の緑が鮮やかに並び、来場者の目を楽しませる。会場に生け花を飾るなどして、より楽しく観賞してもらおうと展示の仕方にも工夫を凝らした。

 「来季も続けていき、多くの方から見ていただきたい」と金子会長。会員も「花の好きな方ならどなたでも」と呼びかけ、新規会員を募っている。