文字サイズ

各花火大会で臨時列車運行 7月26日の上越まつりでも JR東新潟支社

 JR東日本新潟支社はこのほど、県内や近隣で夏に開かれる花火大会に合わせて運行する臨時列車について発表した。

 弥彦燈籠(とうろう)まつり(奉納花火大会は7月25日、弥彦村)から赤川花火記念大会(8月19日、山形県鶴岡市)まで、七つの花火大会に関連した列車を運行する。

 このうち、上越市直江津地区で7月26日に開かれる上越まつり(直江津祇園祭)大花火大会(午後8時ごろ~同8時45分ごろ)では終了時刻に合わせ、信越本線のいずれも直江津発、長岡行きの臨時列車2本を運行する。普通は同9時38分発、同11時10分着の各駅停車、快速は同10時33分発、同11時47分着の犀潟、柿崎停車(柿崎以降は各駅停車)。

 その他の臨時列車詳細は、JR東日本ホームページから。