文字サイズ

第3回よしかわ親善ゲートボール大会 対戦で交流と健康増進 上越市内外の30チーム出場

1コート、東田中―球友会A
第6コート、上越GBC―津南C

 第3回よしかわ親善ゲートボール大会が15日、吉川区旭のふれあい広場ゲートボール場で行われ、十日町市や津南町、糸魚川市からの参加を含め30チームが出場し、4試合ずつを行った。

 対戦を通じ、交流や仲間の輪を広げ、健康増進を図った。主催の吉川ゲートボール協会の中嶋巖会長(79)は「県内の仲間が集まると刺激になる。ゲートボールは生きがいだね」と話していた。

 上位結果は次の通り。

 ▽総合順位 (1)しゃくなげ(能生)(2)十日町(十日町)(3)上越GBC(上越)(4)清里クラブ(清里)(5)PAC桜(上越)(6)南能生(能生)(7)四ツ葉会(上越)(8)津南C(津南)(9)津南A(同)(10)津南B(同)

第6コート、上越GBC―津南C